从《雪国》看川端康成的美意识_日语论文.rar

  • 需要金币1500 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-09-18
  • 论文字数:11658
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:川端康成は新感覚派の代表的な作家である。彼は日本人初めのノーベル文学賞を受賞した人である。川端は孤児意識と自らの美意識に身を潜め、また日本古典に根ざし、虚無感を底に秘めた清純な叙情性を持つ作品を書いている。その中で、『雪国』は彼の代表作だと言われることがある。

 この文章は主に川端康成の作品『雪国』をもとにして、川端の美意識を探求する。第一章は川端康成の生涯と『雪国』の粗筋を簡単に紹介する。第二章は『雪国』から見た川端の美意識を述べる。川端の主な審美意識は女性の美、四季の美と死亡の美だと思う。本文はこの三つの方向から川端の心の世界を探求する。第三章は川端の生い立ちと当時の民族的な歴史背景を通して、川端康成の美意識が形成した要因を分析する。

 この文章は『雪国』を纏めて分析して、川端康成の人生とその作品から見た彼の審美意識が更に理解できると考えている。上記の三つの部分を通して、川端康成の生涯と『雪国』から見た彼の審美意識との繋がりがあると思う。

キーワード:雪国、女性の美、四季の美、死亡の美

 

摘要:川端康成是新感觉派的代表作家。他是日本第一个获得诺贝尔文学奖的人。川端康成扎根于他的孤儿意识和审美意识以及日本古典美中,创作在清纯中隐藏了虚无底蕴的、拥有抒情性的作品。其中,《雪国》被认为是他的代表作。

  这篇文章主要以川端康成的小说《雪国》为基础,探究川端的审美意识。第一章简单的阐述川端康成的人生经历和《雪国》的主要内容。第二章介绍从《雪国》中能够发现的川端康成的美意识。川端康成的主要审美意识是女性的美,四季的美和死亡的美。本文是从这三个方向来探究川端康成的内心世界。第三章通过川端康成的生平和当时的民族的历史背景来分析川端康成的美意识所形成的原因。

  这篇文章围绕分析《雪国》,能够更加深入的理解川端康成的人生和从他的作品中看到的他的审美意识。通过上述的三个部分,能够清楚的了解川端康成的生平、从《雪国》中看出的川端康成的审美意识以及川端康成的生平和他的审美意识之间的关系。

关键词:雪国、女性美、四季美、死亡美

 

...
资料下载地址:

支付并下载