中日茶文化的比较_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:11053
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:日本の飲茶の習慣が次第に形成されたのは約8世紀で、中国大陸から日本に入ってきたことは明らかである。日本の茶文化の歴史は中国の茶文化の歴史の発展に沿って発展して来たと言える。そして、東方文化の中で、「茶道」が非常に重要な構成部分である。「茶道」はお茶を仲立ちとする生活の中での儀礼で、精神修養の一種の方式だとも思われる。お茶を入れたり、評価したり、そして飲茶したりすると、友情を深めるし、審美の心をも修得できる。礼儀作法を学ぶ上で、一種のむつまじい生活スタイルとなったと思う。本稿は中日茶文化の起源、発展中の繋がり、そして異同などの方面から茶文化を検討しようとする。

キーワード: 茶道;思想;起源;異同

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.茶道の概念2

3.中国の茶道3

3.1 中国の古代における飲茶の歴史

3.2 現代中国の茶道

4.日本の茶道4

3.1茶の導入と茶道の起源

3.2茶道の発展に影響する要素

5.中日茶文化の比較5

5.1道

5.2美意識

5.3民族性格

5.4茶道の普及度

6.おわりに9

参考文献10

谢辞11

...
资料下载地址:

支付并下载