日本的非言语沟通考察-微表情为中心_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-06-21
  • 论文字数:13276
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要 旨:人間は嘘をつく。しかし、いくら言葉で嘘をついても、表情は本音を言い出す。いわゆる「表情」とは、「微表情」のことである。これもコミュニケーションの一種である。さらに、これは非言語コミュニケーションで、言語コミュニケーションよりも普遍的なものである。国によって、動作の意味は違っているところもあるが、表情、特に微表情は世界共通であると言える。これについては言葉に比べられないのである。もちろん、完全に「嘘をつく」ことはそうに簡単ではない。

  本研究は、微表情の先行実験を通じて、微表情に対しての感性知識を明らかにし、実生活に役に立つ嘘を見破る方法も考えてみる。微表情の基礎理論から、7つの微表情の顔貌と嘘を見破る方法についての役割を考察する。その上で、実判例から取り上げるシーンを分析し、嘘がどのように見破られるかを説明し、実生活に役に立つ嘘を見破る方法も検討していく。これからの日常生活の対人コミュニケーションに役に立てるように、研究結果を生かしていきたいと考えている。

キーワード:非言語コミュニケーション;微表情;嘘を見破る;実用性

 

摘  要:人类是会说谎的。但是,无论怎样拿谎言掩饰,表情总会告诉你真相。所谓“表情”,即指“微表情”。这也是一种沟通的方式,只不过属于非语言沟通范畴,其实比起大家熟悉的言语沟通,在日常生活中,非言语沟通更加普遍,虽然根据文化的不同,动作的意义也有所不同,但是表情,特别是微表情本身,可以说是世界共通的。在这一点上,语言是无法相提并论的。诚然,真正能做到“识破谎言”也绝不像看上去那么简单。

   本论文,通过介绍微表情的先行物理实验,以形成对微表情的一个感性认知,从而探究微表情的现实应用意义。从非言语沟通的基础理论开始入手,考察7种微表情,进而引入FACS的概念,向大家介绍FACS的内容和现在的应用情况。随后还原日本真实案例(用对话叙述的方式),讲解幕后侦查过程,剖析在整个侦查工作中,微表情到底是怎样被科学运用来看穿人的本能动机,从而帮助查明事件真相的。希望对将来在与人沟通以及微表情研究上提供有效的依据。 

关键词:非言语沟通;微表情;识破谎言;现实应用意义

...
资料下载地址:

支付并下载