从日本宠物热现象看日本社会_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-05-24
  • 论文字数:9731
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:ペットを飼っている日本家庭の割合は欧米諸国よりはるか高い。ペットの家庭地位と社会地位が高まっていく同時に、日本経済もペットビジネスに進まれている。本稿では、ペットが日本人に可愛がられる原因を人口構造の変化、武士道精神の影響と政府の推進三つの部分に分けて分析してみた。また、さらにより深い原因を探求すると、日本社会の独有の特徴、即ち普遍の孤独感と忠誠心と生真面目ということを発見した。

キーワード:ペットヒート 孤独感 忠誠心 生真面目

 

実は、ペットヒートを着眼点とし、日本によって打ち明ける国民性や社会特徴など他にもたくさんある。例えば、日本は矛盾な民族など。こんなにペットが好きなのに、犬肉を食べる韓国人を譴責すると同時に大量のクジラを殺害しているのはその一つの例である。ここでは、私がただペットヒート現象を基づき、無意識のうちに相手との距離をはかり、その距離をうまく保つという人間関係の冷たさと遺伝子まで浸透している武士道の忠誠心と自覚的にルールを守る生真面目さなど、今の日本社会の特徴を述べてみた。ほかにもきっといろいろな原因があるはずだと思うが、それは今度の研究課題として研究するつもりである。とりあえず、ここでは以上述べた三つの点こそ日本民族特有なものであると思う。

...
资料下载地址:

支付并下载