现代日本的女子大学教育_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告,任务书
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-05-19
  • 论文字数:7875
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:ここ数十年来、日本大学教育の全体レベルは上昇しつつあり、大学教育の総合実力も発展しつつある。同時に日本教育の一部としての女子大学教育は、国家の総合目標に合わせて、発展しつつある。日本女子教育は偉大な思想家成瀬仁蔵1896年書いた「女子教育論」の理念に応じて、絶えずに進んでいる。この理念は女子教育が利益だけ追求するのは駄目であることを強調する。女性は「良妻賢母」に限らなく、自身の人格発展と自立能力を重視すべきだ。現実の日本社会では、女子大学教育の主流は実用系の女性人材養成であり、社会も能がある女性に広い学科進学と研究空間を提供する。日本の経済高速発展そのものに適応するため、日本社会の女性は自分の意志で異なるレベル、異なる種類の学校と学科を選ぶことができる。それに、助成の事業、結婚、社会地位と生活質量は彼女たちが受けた大学教育の程度と強い繋がりがある。

キーワード:形式 影響 評価 意見

 

要旨:近几十年来,日本高等教育整体水平在不断发展,高等教育的综合实力不断提高。同时作为日本高等教育整体的一部分——女子高等教育与国家高等教育总体目标相联系,也在不断发展。日本女性教育的发展基本上是按照思想家和教育家成濑仁藏于1896年在《女子教育论》中提出的思想推进的。他强调女性教育不能急功近利,不能仅局限于“贤妻良母”,而应考虑到女性长期的发展目标,重视女性人格发展教育,给予女性自立才能,奠定女性高等教育基础。在现实日本社会中,女性高等教育以培养“实用型”人才的思想占主流,同时也为部分有才华女性提供各类学科深造和研究空间。为了适应日本经济本身高速发展的现实需要,女子高等学校所开设专业多为社会经济发展所需要的实用学科,社会女性根据自己需要选择不同层次、不同种类的高等教育学校去学习。女性的事业、婚姻、社会地位、生活质量等都与她们所受高等教育程度息息相关。

关键词:形式 影响 评价 意见

...
资料下载地址:

支付并下载