日本人的集团意识_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-05-19
  • 论文字数:8477
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:日本人は個人意識よりも集団意識が強いと言える。古代の村落から家族制度の確立まで、人々の集団意識がだんだん形成してきた。また、日本は地震や火山などの災害の多い国である。このような災害は日本の国民を団結して、一緒に困難を乗り越える性格を育成した。そして安定感を確保するために、集団で行動する。同じ運命を共有する家族意識や愛社精神などは集団意識の現れである。皆が仲良く協力し合って深い一体感を持って、集団内部の葛藤を回避しようとする集団意識は日本人に大きな影響を与えた。個人は自らの集団や組織が存続するためには積極的に配慮できるような自律性を持っている一方、個性を失うことにもなる。だから、その協調性を発揚し、個性を抑制することを捨てるべきである。そうすると、社会がよりよく発展できる。

キーワード:集団意識 協調性 家族 企業

 

摘要:日本人的集团意识比个人意识要强。从远古的村落到家族制度的确立,人们的集团意识逐渐形成。而且日本是一个地震、火山等自然灾害极多的国家。而这种灾害却把日本民众团结了起来,使得大家能够共同去克服困难。日本人为了拥有安定感,也喜欢与集团内部的人一起行动。命运共有的家族意识与爱社精神都是集团意识的体现。大家团结一致、互相协调、有着很深切的一体感,尽量避免集团内部的纠葛问题。这种集团意识对日本人有着很大的影响。个人为了自己的集团和组织能够延续下去,有着很强的自律性,但同时又丧失了个性。因此,我们应该发扬集团意识的协调精神,舍弃抑制张扬个性的那部分。若这样,社会便能够得到更好的发展。

关键词:集团意识 协调性 家族 企业

...
资料下载地址:

支付并下载