关于日本茶道的变迁_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告,任务书
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-26
  • 论文字数:8096
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:日本の茶道は中国の茶道から生まれたものであるが、中国の茶道を大きな展開を遂げ、且つ一定の程度で革新された。平安時代、茶は日本が外国から舶来した品物であり、珍しくて値段が高く、天皇、貴族等数の少ない上層階級しか楽しめる贅沢品であった。茶の湯の開山とされる村田珠光は、禅を、様式や境地から茶道に融合し、自然尊敬、素朴重視の草庵茶風を創立した草庵茶風は、茶禅一味の道を開いた。村田珠光の茶道は、貴族茶道及び文化人・武士・貴族階層において行う茶道を庶民化させ、日本茶道は空前の流行・普及に呈した。村田珠光から武野紹鴎までだんだん茶の湯の理念の萌芽となり、千利休の努力によって花を咲いて実になった。千利休は茶道の根本的な精神を「和敬清寂」に要約していた。この四字は「四規」とも呼ばれ、茶道の宗旨であることを説いたものである。茶道が表現している「侘び」の美しさである。茶道美学の創立は、美学史上の革命であり、世界に通じていた価格に束縛された一般的美意識を徹底的に転覆させた。日本茶道に表現された美感と礼儀は、ずっと広く日本民族の心の中に存在し、日本本土と民族文化性格の一部を構成した。日本茶道の精神は、日本文化の存在及び発展に深く影響を与えている。日本は茶道の精神を持っているこそ、短い数十年間に天然資源の乏しい東方の小さな国から、世界屈指の経済大国に一躍することができた。

キーワード:茶道、禅、草庵茶風、茶道美学、礼儀

 

摘要:日本茶道是从中国的茶道中产生的,但是在中国的茶道基础上进行发展,并且在一定程度上被革新。平安时代,茶是日本的舶来品,珍贵而新奇,是只有天皇,贵族等少数上层社会才能享用的奢侈品。日本茶道的开山祖师——村田珠光,将禅从形式上、意境上逐渐融入到茶道当中,开创了尊崇自然、尊崇朴素的草庵茶风,开创了茶禅一味的茶道。珠光的茶道,将贵族茶道以及在文人武士贵族阶层举行的茶道庶民化,日本茶道呈现出了空前的流行和普及。从村田珠光到武野绍鸥逐步形成的茶道理念的萌芽,经千利休的辛勤努力而终于开花结出硕果。千利休把茶道的基本精神概括为“和、敬、清、寂”。这四个字也称为“四规”,是茶道的宗旨。茶道通过表现“闲寂”的美,茶道美学的建立是美学史上的一次革命,它彻底推翻了通行于世的已被价格固定了的一般的审美观。日本茶道中体现的美感和礼仪,始终广泛地存在于日本民族的心灵深处,构成了日本大和民族文化性格的一部分。日本茶道精神深刻影响了日本文化的存在和发展。正是因为学习茶道精神,日本才能在短短的几十年中从一个封闭的、自然资源十分有限的东方小国,一跃成为世界经济强国。

关键词:茶道、禅、草庵茶风、茶道美学、礼仪  

...
资料下载地址:

支付并下载