关于志贺直哉和史铁生的生死观—《在城崎》和《命若琴弦》_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-23
  • 论文字数:8201
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要 旨:志賀直哉の『城の崎にて』と史鉄生の『命は琴の弦のように』一緒に研究することがほとんどないと思ったが、ここで二つの作品の比較を通して、作家の死生観を検討してみたいのである。  

 

キーワード:『城の崎にて』;『命は琴の弦のように』;作品;死生観

 

はじめに 

  時々、私は何故生きているのかということを考えていた。でも,度々答えがなかったので、知らず知らずのうちに無感覚で、ありふれたつまらない毎日を過ごした。中学生の時、テキストで史鉄生の小説を初めて読んでしまった。彼は自分の平凡ではない人生体験を通して「特別な死生観」を私たちに見せた。 

  彼の作品を読んだ後、私はとても心を打たれた。大学生の時、志賀直哉の『城の崎にて』に出会って、素朴さや誠実な作風が史鉄生に似ているというところでは、私は大変興味を持ち、もう一度、死生観のことを一新するような気がした。『城の崎にて』は簡潔な文体で描写されて、すがすがしい感動をくれると思う。私自身もこの文章から何か啓示を得て、学びたいのである。 

...
资料下载地址:

支付并下载