分析织田信长为什么能统一天下_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-17
  • 论文字数:9661
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:織田信長が生きた時代は戦国時代という時代である。普通、下剋上時代ともいう。そのころ、日本はもう2百年間の戦乱を経て民衆は、皆戦乱に飽き飽きしており、戦乱を終わらせる人物を求めていた。信長はまさにその人であった。武将としての信長は、桶狭間の奇襲にデビューして、天下統一への道に踏み出した。戦争が多かった戦国時代に専従武術団をつくたことは、戦略にとても有利であった。歴史上、信長がずっと非難されているのは一向一揆の大虐殺のことである。信仰深い僧侶たちが天下統一をしようとする信長を邪魔して、逆に民衆をもっと苦しめた。それらの行動は仏教信者がとるべき行動だろうか。政治家としての信長は、無能な家臣に対して、恐怖政治的な手法を採用した。逆に、地位が低くても優秀な人材であればどんどん抜擢した。足軽の豊臣秀吉の登用は一番の例である。経済人としての信長は、安土の市民に楽市・楽座としての商業の自由を認めた。城下の繁栄策として、諸商人が座の有無にかかわらず往来することを認め、安土もこのおかげで栄えた。それだけでなく、信長はいろいろな税を免除して、領内の貨幣も統一した。こんな天下統一をする才能を持っていたからこそ、乱れていた戦国時代時代を終わらせることができたのだろう。

キーワード:織田信長  天下統一    一向一揆

 

摘要:织田信长所生活的时代叫做战国时代。通常也叫做下克上时代。那时,日本已经经历了两百年的战乱,民众都已经厌倦了这个战乱时代并希望出现一个能结束战乱的人。信长正是这个人。作为武将的信长,在桶狭间奇袭中初次登上历史舞台,迈上了天下统一的道路。在战争非常之多的战国时代,成立专属武士团在战略实施上非常有利。历史上,信长一直被谴责的就是对一向一揆的大屠杀。那些僧侣阻碍信长对天下的统一,反而使民众更加陷入了苦难之中。像如此行动是佛教信徒该有的行动吗?作为政治家的信长,对没有能力的家臣采取恐怖政策。但是如果是优秀的人才无论地位多低,信长都一律提拔。重用步兵丰臣秀吉就是最好的例子。作为经济家的信长,认可乐市乐坐这种商业自由。作为城市的繁荣政策,众商人可以自由来往,安土也因此繁荣起来。并不仅仅是如此,信长还免除很多税,并统一了领内的货币。正因为拥有这些能统一天下的才能,信长才能结束这个战乱的战国时代吧。

关键词:织田信长 天下统一 一向一揆

...
资料下载地址:

支付并下载