探析《心》中“先生”的生死观_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-14
  • 论文字数:8300
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要 旨:本論文は、自殺までの「先生」の心理の変化過程によって、人間のエゴイズムと罪の意識を負う同時に、ずっともがいて、最後自殺する「先生」の死生観の「柱」をさがし、「先生」の死生観について探求してみたいのである。

キーワード:『こころ』;夏目漱石;死生観;意識

 

はじめに

  夏目漱石は日本近代文学の巨匠である。漢学も英国文学も通暁し、豊かな教養と広い視野を持っている。社会で発生した物事に対して文明批評的な態度をとっている。彼の作品は深遠な、現実的な意義がある。その中に、後期のは主に人間の心底を描いた作品である。 『こころ』は後期三部作の一つである。大正3年、単行本にするとき、夏目漱石が広告文において「自己の捕へんと欲す人々に、人間の心を捕へんえたる。この作物を奨む」と書いているように、『こころ』は利己の心と道義の心の衝突を持って、生と死の界でもがいて、最後自殺を選んだ「先生」の心理を詳しく描いて、近代のインテリの精神世界を表す小説である。 

...
资料下载地址:

支付并下载