中日非语言交际对比_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-04
  • 论文字数:5445
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

序論

 人間のコミュニケーションには、言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションがある。言語がコミュニケーションにおいて、重要な働きをするのに対して、非言語コミュニケーションは“音のない言語”として情報や意思、感情伝達に非常に有効な手段である。Birdwhistell(1986)によると、対人コミュニケーションにおいて、、対人コミュニケーションにおいて、言語が占める割合は約35パーセント、それに対し非言語は約65パーセントとしている。国際化が進むにつれて、異なった文化を持った人と接触することが多くなった。しかし、国によって、非言語コミュニケーションは違うのである。そこで、異文化非言語コミュニケーションを理解するのが大切である。

 非言語コミュニケーションについての分類のなかで、M.Argyle(1996)の分類法が最も有名で、以下のように分類したのである。

 

  本稿では、同じアジア地域でも異なる中日非言語コミュニケーションについていくつかの例を挙げて述べた。似ているかのように思われる中国と日本の間でも、たくさんの異なったしぐさが行われ、時によっては、誤解を招くこともある。それは、文化の違いが原因なのではないだろうか。この問題はこれからは国際間の交流がより一層盛んになるに連れて、重大になってくると考えられる。

  異文化間の誤解は知らないばかりにおこってしまうのだが、やはりこれからの国際化の時代では知らないとばかりも言っていられないので、より多くの自分の文化との違いを知っておく方がよい。

...
资料下载地址:

支付并下载