无助词的日常会话表现形式分析_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-04-04
  • 论文字数:8120
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要  旨:学校で正式に習う日本語文法と違い、日常で使われる日本語には常に助詞を呼ばない傾向がある。特にドラマや外教先生たちの日常のコミュニケーションには、日本語の「無助詞」現象がしばしば見られる。でも、初学者たちに教える日本語文法は、いろんな要素を考え、助詞省略を提起していないようにしている。そのため、多くの初学者たちが、助詞省略の使い方がよく分からなく、日常で、相手と話すとき、変な感じを与えてしまい、日本語らしい日本語を話せない。それは、日本語の助詞省略には、単に助詞が省略できるものと、助詞を省略したら、文の意味が変わる助詞がある。そのような助詞の省略を「無助詞」と呼ぶ。こんな現象も、日本における文化でおり、日本語らしい日本語の習いに役に立つものである。だから、日常会話の中の助詞省略と「無助詞」の違いとはっきりし、「無助詞」の使い方を習得する必要がある。本稿の目的は、日本語の省略に関する先行研究を考察し、助詞の省略問題に対する総合的な検討と分析を通して学習の困難点を予測し、「無助詞」現象を明らかにしたい。日本語の日常会話言語を巡って、「助詞省略」と「無助詞」の違いを通して、日本語の有助詞文と「無助詞」文の違いから「無助詞」現象の独特な役割を説明する。まず、無助詞に関する先行研究から助詞省略と「無助詞」を区別し、有助詞文と「無助詞」文との区別も明らかにする。次に、日常生活の応用から例を挙げながら「無助詞」を研究する。

キーワード:無助詞 助詞省略 有助詞

 

摘  要:日本人口语中通常使用的日语与平时在学校学的日语不一样,口语中经常有助词省略现象。比如在日剧或外教们的对话等等。但是,为了教初学者而编写的日语语法书里面却往往很少提及助词省略这一现象。因此,有很多初学者对于助词省略的认识还不够全面,导致了在日常生活中常常让对方误会。那是因为日语的助词省略里存在两种现象:一、可省略并省略后不改变原意。二、一旦省略就改变了原文意思。这种有着自己独特功能的助词我们称之为“无助词”。无助词的产生也是一种对日本文化的体现,对于初学者的学习也有学习的意义。因此,明确日常用语的助词省略和无助词的不同,为了与对方更好的交流,研究无助词的使用方法是有必要的。本稿是围绕着日语的日常会话,通过关于无助词的先行研究、考察日语语法中的省略助词与无助词句的不同并分析有助词与无助词的不同。首先,区别助词省略句与无助词句,然后明确有助词与无助词的区别。最后,根据句子结尾和日常生活中的应用来举例说明无助词,来研究无助词现象的特点及其语用意义。

关键词:无助词 助词省略 有助词 

...
资料下载地址:

支付并下载