三岛由纪夫的民族主义思想_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-03-26
  • 论文字数:12092
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:伝統の日本の文化の元に成長し始める三島由紀夫はその一生で数多くの優秀な文学作品を創作し、「日本の古典文化の寵児」と称され、彼は大量な風変わりの行為をした。戦後、特に、三島の命の最後の数十年、彼は右翼として自分の思想のため、精神的な行方を選んで、数多くの著述を通して軍国主義の亡魂を賛美した。また、「楯の会」のこのような個人の武装まで組織した。それによって自分の政治の目的を実現しようと思っていた。三島は自らの命を絶つことで、世間を驚かした。その極端な挙動によって、彼の天才的で気違いのような一生に終止符を打った。そして、謎のような話題をも残した。

キーワード:三島由紀夫;ナショナリズム;思想発展;軍国主義

 

摘要:在传统日本文化浸淫下成长起来的三岛由纪夫一生创作了大量优秀的文学作品,被称为“日本古典文化的骄子”,同时,他也做了大量特立独行的行为。在战后,尤其是在三岛生命的最后几年,他选择了右翼思想作为自己的精神归宿,不断著述赞美军国主义的亡魂,还组织“盾会”这样的私人武装,用以实施自己的政治目的。三岛终结自己生命的方式更是惊世骇俗,这不但为自己天才而且疯狂的一生划上了句号,还留下了一个永远也谈论不完的话题。

关键词:三岛由纪夫;民族主义;思想发展;军国主义

...
资料下载地址:

支付并下载