浅析《地狱变》中体现的芥川龙之介的艺术观_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-03-24
  • 论文字数:7177
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:芥川龍之介は大正時代における優れた作家で、新現実主義の代表的な作家であり、短編小説を得意とする。周知のように、「芥川賞」は日本文学界における最高の賞である。これは芥川龍之介を記念するために、設立したものだ。彼の創作思想を最も体現するのは『地獄変』である。『地獄変』は芸術のために生きるべしという思想を体現した。本稿は『地獄変』を通して、芥川の芸術観を説明した。我々は芥川龍之介と彼の芸術観をよく理解できる。そのために日本文学の研究はいっそう深まる。

キーワード:芥川龍之介;地獄変;良秀;芸術観

 

摘要:芥川龙之介是大正时代的作家,新现实主义的代表,善长短篇小说。众所周知, “芥川奖”是日本文学界的最高奖。也是为了纪念芥川龙之介而设立的。在他的作品中最能体现他的创作思想的就是《地狱变》。《地狱变》体现了为了艺术的人生的思想。本文通过对地狱变的分析,阐明了芥川龙之介的艺术观。使我们更好地了解芥川龙之介和他的艺术观,从而进一步加深对日本文学的研究。

关键词:芥川龙之介;地狱变;良秀;艺术观 

...
资料下载地址:

支付并下载