宮崎駿から見る日本の自然観_日语论文.doc

  • 需要金币1500 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-04
  • 论文字数:12458
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:日本映画マスター宮崎駿さんは数えきれないほど有名な作品を作った。その作品の中で、生き生きとしたキャラクターや、豊富の素材、テーマの深さ、また独特に現れた人間性などの特色が全世界の人の目を引きかける。本作はアニメの中で描かれた景色や、動物、人物を通して、物語の世界観の構成とストーリーの企画を分析し、日本人のユニークな自然観を討論してみたい。

  第一部分は日本民族独特な自然審美観を紹介したい。四囲が海に取り巻かれる長細くの日本島は地震災害など頻繁に起られ、その稀な地理位置は日本民族に生まれながらの危機感と自然への畏敬を与える。長い時間続けられた稲作文化と「アニミズム」の宗教信仰のおかげで人々はさらに自然へ尊敬の気持ちを湧いてきた。第二部分はアニメから出てきた「木」や「森林」などの植物のイメージを通して、日本人の「植物が命の象徴」という審美観と日本の森林文化が見られる。日本伝統の自然観を持つ宮崎は「環境保護」、「人と自然の共存」などのテーマを一シリーズの作品で貫いてきた。が、全球一体化のもとで、宮崎も西方の自然観と接し、影響され、結局この影響が作品の中に反映される。第三部分はそれを中心として、討論してみたいと思う。最後の部分は宮崎の生態動画によって、日本式の自然観、即ち「自然吸収」「自然投入」「温和発展」の理念は現代社会でどんな現実的な意味があるのかを考えつつ、探索していきたい。

キーワード: 宮崎駿;アニメ映画;自然観;西方からの影響;現実的な意義

 

摘要:日本电影大师宫崎骏创作了一系列耳熟能详的电影作品。其中以人物形象生动鲜明,题材丰富,意义主题内涵深刻和独具人文色彩的特点而备受全球瞩目。本作通过对其动画中所描绘的景物、动物及人物及世界观的形成,故事的策划等赏析,深入探讨日本人独特的自然审美观。

   第一部分介绍日本民族独特的审美观。狭长且四面环海又多地震灾害的日本岛所在的独特的地理位置培育了日本民族与生俱来的危机感以及对自然地敬畏。而长期的稻作文化和他们万物有灵的宗教信仰又加剧了他们对自然的崇拜;第二部分通过分析动画中“树”和“森林”等植物形象,表现出日本人以植物生命为象征体系的审美以及动画中无处不在的森林文化;第三部分介绍东西方自然观的差异及对宫崎骏生态动画主题的影响。对人与自然关系的思考与探索成为唯一贯穿宫崎骏所有作品的主题,在这过程中,他的思想也是不断地变化着的;第四,从宫崎骏生态动画看日本式的这种“吸收自然”、“投入自然”、“平衡发展”的生态环保理念在当代工业科技发达的社会的不可忽视的现实意义。值得我们深入的思考与探索。

关键词:宫崎骏;动画电影;自然观;西方影响;现实意义

 

...
资料下载地址:

支付并下载