浅析日据时期日对台经济的统治_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-04
  • 论文字数:11654
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:台湾はずっと昔から中国の不可欠の一部分です。この論文は台湾植民られた50年ぐらい時期から主に台湾の経済状況を紹介いただきます。1895年に『馬関条約』を締結したから第2世界大戦終わったまで、台湾は長期に日本植民地になった。この歴史は中国人として心の中で深い刻み込まれたことです。今まで台湾はまた中国と離れています。長期以来、中国政府は努力していますので、台湾省内部はまた一部分の「台独派」が中国政府と話し合うすることを断って、だから私たち中国人この事件に対してやぱり努力しなければなりません。この論文は台湾植民時期の経済を簡単に分析し、その時期の客観的な社会現実を実証しました。

キーワード:  日本、台湾、植民時期、経済

 

中文摘要:台湾自古以来就是中国不可或缺的一部分。这篇论文主要介绍台湾被殖民统治50年左右的经济状况。从1895年《马关条约》的签订到1945年第二次世界大战结束这50年间,台湾长期成为日本的殖民地,这一史实长期深深刻印在我们中国人心中。至今为止祖国大陆仍与台湾相分离,中国政府也一直致力与台湾关于“台海问题”的洽谈,但台湾岛内仍有一部分“台独势力”与此抗衡。作为国人的我们也要努力促使台海的及早统一。此论文主要阐述了台湾在这一期间的经济状况,反映了当时台湾经济状况的社会现实。

关键词:  日本;台湾;殖民时期;经济

 

  多言を要しないで、台湾はずっと昔から中国の領土である。たが17世紀以来、台湾の戦略価値は各国に重視られて、大陸や台湾四回わけられることがあった。その中の第三回日本は甲午戦争あとで台湾を占拠したことや抗日戦争成功後で中国政府は台湾を取り戻したことであった。この事件は深遠な歴史の影響が生まれた。さらに甲午戦争で台湾は占拠られた植民化問題や台独問題などの問題が生み出した。

  この論文は主に日本は甲午戦争あとで台湾を占拠することや抗日戦争成功後で中国政府は台湾を取り戻したこと約50年間台湾の経済を統治することと影響を討論する。日本は任意な国際場所で明確に「台湾は中国分割してはいけないの一部です。」という声明がない。今までも中日両国は台湾問題においていろいろな国際問題があるが、歴史の行き方は止っまていけないて、歴史の痕跡やさまざまな事実は日本帝国主義が台湾を統治した50年間のしたことを証言した。その時期は台湾の経済や文化や政治が絶対な統治は台湾以後の発展対して深遠な影響が生まれた。

 

...
资料下载地址:

支付并下载