从便当看日本人的自然观_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-10-24
  • 论文字数:9666
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:周知のとおり、日本は南北方向に狭く長い島国で、多くは温帯季節風区域にあり、海に囲まれていて、全国は四の三の海岸線が暖流に影響されるので、温和湿潤な気候や四季がはっきりしている自然景観を形成した。

  こんな気候の影響で、日本人は自然の変化に非常に注目するので、自然尊敬という民族特徴を身につけた。文化芸術にも宗教信仰にも、日本式建築にも庭園建造にも、どこにも日本人の自然尊敬の意識は染み出した。日本の弁当も当然である。あちこちもその独特自然観を表現した。

  本研究は「弁当」の語源、お弁当の種類、お弁当の発展の歴史、弁当の形や色と自然美学の関係、弁当の味や食材と四季感のいくつかの方面からお弁当から見た日本人の自然観を述べた。

キーワード:日本人;自然観;弁当

 

中文摘要:众所周知, 日本是一个领土南北狭长的岛国,大部分位于温带季风区域, 四周环海, 并有的海岸受暖流影响, 具有温和湿润的气候特点, 并形成了四季分明的自然景观。

   受这种气候的影响,日本人十分关注大自然的变化, 对自然界的一动一静都十分敏感, 因而形成了崇尚自然的民族特性。从文化艺术到宗教信仰, 从日式建筑到庭院建造, 处处闪现着日本人崇尚自然的思想。日本的便当也不例外,渗透着日本人独特的自然观。

   本文从便当的语源,种类,其发展历史,形色味等自然美学以及素材和与之相应的四季感等方面阐述了从日本的便当中看出的日本人的自然观。

关键词:日本人;自然观;便当

 

人間は自然に生きている。ということは、人間は自然の一部分であり、人間は自然なしに生きられないということである。一般的に、人間と自然との関係には対立や調和が共生している。ただ、どちらがより重要かと言われたら、その答えは時代と民族によっては違う。世の中では絶対的な対立はないと言える。また、相対的な調和というと、一つの国がある。それは日本である。日本人の独特な自然観は日常生活に表現する。弁当は日本人日常生活の重大な一部分であり、日本人の自然観とかかわりがある。本文はその点について論じる。

 

...
资料下载地址:

支付并下载